ファッション化するオタク文化 ~家族の再々集結を目指して~

2022年度も、海堂家は日本国の定めた新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン及び早稲田大学教旨に従い、模範国民を目指し、自主的な感染予防の為の取り組みを進めてまいります。

性倒錯者を支える会運営委員による信仰対象に関する研究及び観察報告8

























お母様不在。





































じょんにゃんがやたら体のラインがはっきり分かる服着てた。


















































隣にベッド。










































正直危なかった。


いやーほんと豚の烈斬をじょんにゃんに突き立てて雷電斬震が決まっちゃうとこでしたよハッハッハ。
今俺はこの娘と二人っきり二人っきり二人っきり二人っきりとか考えてたらホントに割と素でちょっとガマン汁でてきちゃったもん。
しかしですね、こうした研究活動をやっていますとね、ほんとに性倒錯の魅力というものがわかってきます。ふくらみ始めた胸とか見てると女性の神秘を感じますね。まぁそこしか見てないんですが。
あと、今回ちょっと共学してしまうことがありまして。
ファミコンって言葉が教科書にでてきたんですけどね、じょんにゃんがファミコン知らなかったんですよ。じょんにゃんが知らないだけなのか、それとも今の子供はファミコンなんてもう知らないのか。まぁDSが幅をきかせてる今の時代、知らなくても無理は無いでしょうけど。
だから「せんせーファミコンってなに?」と聞かれて「僕が小さかった頃流行ってたゲーム機の名前だよ」と答えたんですが、そしたらじょんにゃんがゲームっていう単語に食いついてきまして。
「ねぇねぇ、じゃあせんせーもゲームやるの?どんなゲームやるの?」




























































みらろま







































「しょ、小学生とか中学生の頃はや

ってたけど、今はもうやらないかな

ハハハ…。」











































…ごめん。