ファッション化するオタク文化 ~家族の再々集結を目指して~

2022年度も、海堂家は日本国の定めた新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン及び早稲田大学教旨に従い、模範国民を目指し、自主的な感染予防の為の取り組みを進めてまいります。

誰より特別な愛で包み込んでくれたのに

いつも素直になれなくて

だぶるおっぱい映画の曲もウボアーが歌うらしいね。
雑音流されるよりははるかにいいか。
でもウボアー的にはウボアー=だぶるおっぱいのイメージついちゃうのはいいんだろーか。オタ相手に商売する方が賢いとは思うけどさ。
まぁ曲自体が将来的にみんなの記憶に残るって点はいいのかもしれん。
たとえばXのOP歌ってたやつなんて今は活動してるかどーかもわかんないわけでしょ。あいつらのファンなんてもういないのかもしんないけど、曲だけはXに使われてたってそれだけでオタの記憶に残ってるわけだし、カラオケ行けば歌うやつだっている。今でもあの曲が好きだっていう連中がいるのはXの力が大きいんだと思うよ。ついにHG1/144Xがでるってことで忘れかけた夢が動き出しちゃったりしてるのは関係ないけど。
今から20年も経てばウボアーは活動停止してるかもしんない。ウボアーがちょっと流行ってるからウボアーの曲を聴いてるなんて連中はとっくに忘れてるだろうけど、その時ウボアーの曲を覚えてるのは異常に熱心なファンとソレスタを愛した者達なんだ。大衆による一過性の大量消費の中に組み込まれるよりは、よほどアーチスト冥利に尽きるってとこなんじゃないの?