ファッション化するオタク文化 ~家族の再々集結を目指して~

2022年度も、海堂家は日本国の定めた新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン及び早稲田大学教旨に従い、模範国民を目指し、自主的な感染予防の為の取り組みを進めてまいります。

召喚獣ガード

未だに王国レポを一文字も書いてないので、放置してたゆかりちゃんBDの感想をあげとこうかと←
01. Honey Moon
EG ver.に改装されて切り込み役としてってとこか。別に改装せんでも十分にフラッグシップ機なんだけど、本人的には時代感がどうだの言ってたので思うところもあるんだろう。
02. チェルシーガール
ゴミーユとの最後の共同戦線でもこれがしょっぱなだったか←
03. おしえて A to Z
らみみ選手のアニオタ設定とか←
MC1
「でもぉ、心はみんな一つじゃない!」なんて言葉がのっけからでてくるとは。ゆかりちゃんにあるまじき優しさ!あれか、人間年とると丸くなるっていう←
平日開催なんだけど、みんなは今日お休みだったの?から無職ネタに繋げるのかと思いきや、学校や仕事でまだ到着してない人もいるかもしれないから、途中から来た人にも優しくしてあげてねなど一体何があったんだとこっちが心配になるレベルである。
そして俺は一人でもふぇいふぇい言うぜ!うおー俺はふぇいふぇいマンだ!ついでに久しぶりのゆかりのために争うのはやめてー!とか。
04. Rainy Rainy Sunday
この3曲のあとにこのセーブポイントはありがたいでしょうな。
05. バンビーノ・バンビーナ
生かさず殺さずというか。
06. 咲かせて乙女
派手なコールと跳び曲ばかりが世間様では話題になってる感じがあるけど、こういう曲が活きてこそのゆかり王国なのさ。
“プリンセス転校!!〜告白はイリュージョンの彼方に〜”
これ背景画像とBGMときメモ2の使えばよかったんじゃないか。コナミもそれくらい貸してやれ。
07. ひとひらの恋
これはGOD担当のラッパみたいなの、サックスだかセックスだか、とにかくいい味だしてる。
08. Sensitive Venus
こういうのがビシっと極まるあたり、王国は厄介な子供連中とは程遠い場所にいるのだろうと安心する僕もいるのです。
MC2
こういうのでいいのよ。ゆかりちゃんのMCっていうのはさぁ。
09. 微笑みのプルマージュ
昔からゆかりちゃんはライブで晴れ曲ゾーンと雨曲ゾーン分けてるけど、最近その傾向がより強化されてきた気がすんね。
“ザ・ランキングテン〜ツインテールはふり向かない〜”
すげぇ!8cmCD時代のゆかりちゃんがこの21世紀の世に蘇るとは!
10. Love Sick
もうもつでもなんでも来いってんだ。
11. エトランゼ
ゆかりちゃんはほんとに腋を見せることに何のためらいもないよなー。もうメインフレームが丸見えだもん。それが強さの一因であるわけだが。フレーム露出上等で装甲スライドさせて極限まで人体に近い動きを実現させてるストフリと同じ。
12. Beautiful Amulet
なんだかんだなのはとかで盛り上がってる時は幸せだったよね。
Short Movie “クイズ世界のサビどん
太田雅友ってこんな男だったのか。もちろんこいつ既婚者なんだろうな?えぇ?
13. 夢色ラビリンス
わかりきってることを言いたくないが、年齢などという肉体的なものに囚われなかったとしても、ここまで猫耳としっぽ装備が似合うのは未来永劫久遠不変にゆかりちゃんだけだろう。今持ってる肉体にだけ囚われるからっ!(ジュリョー爆
14. アンジュ・パッセ
ライブで歌われて良さが分かる曲ってのもあるよね。
15. 君とLOVE
反対勢力がわざと言ってるのか、本当に何も知らないド素人の門外漢が先入観と偏見で言ってるのか知らんが、ゆかりちゃんが口パクなどというのはありえないのである。しょっちゅう歌詞はミスるわ、声は詰まらせるわで、今回もここで歌ってる途中で笑い出してるわけだから。
Band Performance
王国のステージに上がることを赦されてる男衆は桃色男爵だけだぜ。だけどよく考えてみりゃ昔からはバンド演奏だった時はどこの馬の骨ともしれん男があがってたぜ!
16. Endless Story
ゆかりちゃんけっこーこの曲気に入ってんのかね。今回もフィニッシュブローにもってきたし。
MC3
ベストアルバムについて。ゆかりちゃん的には申し訳ない気持ちもあるんだろうけど、新曲入れて、改修曲もいれてりゃ買う価値ゃありますぜ!←ユイエルのベストアルバムを見ながら
ソロプレイが信条のゆかりちゃん、一人で回転寿司に行けるように。だけど一人で食ってもうまくねーと思わねぇかよ、ゆかり姫よぉ!
17. パーティーは終わらない
もつ再び。ちなみにPV撮影時のもつの感想は「こんなにやる気のあるエキストラは初めて」
18. MERRY MERRY MERRY MENU…ね!
爆裂する世界。
19. candy smile
ゆかりちゃんほんとこれ好きね。地味にしょっちゅう歌ってる気がす。
20. チアガール in my heart
これも王国最強の剣の一振りになったか。
21. 恋のタイムマシン
この曲に口上つけるんなら、他につけるべき曲がありそうなもんだが。
22. fancy baby doll
死ぬまでに一回くらいはゆかりちゃんがハイパーバズーカから発射するうさぎをとりたい。まんこまどかのボールなんていらなかったんや!
23. アンドロメダまで1hour
田村ゆかりってのはさ、大人の嗜みなのよ。
24. Super Special Smiling Shy girl
Super special Dayっつー曲があるにも関わらず似たようなタイトルつけたのは、ゆかりちゃんから伊集院さんへの感謝と、ずっと覚えてるからねって気持ちの表れだと思っています。
MC4
最後に自宅警備員ネタがでる。最近年のせいか、ゆかりちゃんも割と素直にありがとうがでるようになってきた。そして体力落ちてきたから跳び曲座ってやりたいとか。
25. You & Me
勝つのはお前らかな?もつさんかな?で始まった最後の一戦。もつは最後に言った。「お前らの勝ちだよ!悔しいけど!」
これが親子で仮面ライダーごっこをやって、怪人役をやる父親のうわーやられたー的なものであっても、ここにいるのはそれで素直に喜べる人間達で、そういう気持ちを僕もいつまでも忘れたくないのです。
総評としてはすごく良かったなと。新アルバム発売した直後とかにライブやると、新曲多めな分、手探りになっちゃったりするから。今回はベストアルバムしかなかったんで、熟練度の高い曲で構成されてゆかりちゃんも戦士達もやりやすかったのでは。
とりあえず今回これでご容赦を←
で、無飛は明日ステラボール行くってことでいいんだよな?な?