ファッション化するオタク文化 ~家族の再々集結を目指して~

2022年度も、海堂家は日本国の定めた新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン及び早稲田大学教旨に従い、模範国民を目指し、自主的な感染予防の為の取り組みを進めてまいります。

2018-12-17から1日間の記事一覧

勝ち負けとか意地とかそんなことじゃない

「伊藤理々杏を初めて見た時、向日葵が重なった。 沖縄の陽を浴びて、彼女はどんな大輪の花を咲かせるのだろうか。 気づけば僕も、向日葵畑へと走り出していた」―海堂リョーヘイ 写真集のやすすの帯コメ好きなんすよね…。 海堂家のロマンチストと言えばISAO…