ファッション化するオタク文化 ~家族の再々集結を目指して~

2022年度も、海堂家は日本国の定めた新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン及び早稲田大学教旨に従い、模範国民を目指し、自主的な感染予防の為の取り組みを進めてまいります。

まだ俺はやれるのさ

かつてのように器用には もう上手く振る舞えないかもしれないけれど

やっと二人目の柳さんが終わった。
久しぶりに普通のときメモをやった気がする(爆弾処理的な意味で)。都子は難易度低すぎて別のゲームだったからさ…。
最初はあんま好きになれなかったけど、攻略してる最中に愛着わいてくる娘だった。それでも都子に比べると、まぁ、な…

しかし、このペースだと全員終わるのがいつになるやら…。
でもまぁあれだな、やってると4がときメモの正統後継者の資格があるってことは分かる。だから一度は赦したつもりだったが、やっぱりOPとEDが無念であった。特にED。ときメモのためだけに作られた曲じゃなきゃダメなのよ。こんなどこにでもあるような曲じゃさぁ。
2の時は重要なイベントではEDのアレンジがかかって、まさに2を代表するBGMになってたが、今回これじゃな…。
あと、バッドエンド時の男泣きの曲がないってのもつまらん。太助とブシドーに歌わせりゃよかったじゃん。太助なんてそのためにいるようなもんだろ。

今回は合宿での風呂のぞきイベが消滅してて、もう何のための合宿なんだか分からなくなってしまった。
僕なんか画面の前で憤死しそうになったが、開発陣のやり切れなさもこの二行で伝わってくる。
風呂のぞきできるゲームを作れば、性犯罪を助長してると叩かれる世の中なんだもんな。God damn you!